千葉県流山市 南流山駅徒歩3分 整形外科・内科・リハビリ科、のぞみ整形外科・内科クリニックです

HOME サイトマップ 交通案内
のぞみ整形外科・内科クリニック
HOME 院長挨拶
整形外科
内科・総合診療科 リハビリ科 AKA-博田法 受診のご案内 院内設備

整形外科

のぞみ整形外科・内科クリニックでは、一般的な整形外科治療とリハビリテーションの運動療法の一種であるAKA-博田法を組み合わせた治療を行っております。

当院の得意領域

当院が最も得意としている領域は膝、腰、股関節等の痛みや肩こり、手足のしびれの診療です。AKA-博田法とは、リハビリテーションにおける運動療法の一種で、徒手的に関節の動きを一つ一つ改善していく治療です。1979年に博田先生により開発されました。

AKA-博田法は、元々膝や腰等の痛みの治療を目的に作られたものではなかったのですが、開発の途中で痛みやしびれが良くなる現象が多くみられた為、現在は痛みやしびれの診療に用いられ学会もつくられています。

AKA-博田法

院長である私、住田憲祐は東京雑司ヶ谷にある望クリニック(http://www.nozomi-clinic-japan.com/)でAKA-博田法の研修を受け、現在も望クリニックで診療を行っております。

望クリニックには北海道~沖縄まで海外の方も少なくありません。それらの方の共通点は、非常に長い間痛みに苦しんでいる事により治療が非常に難しくなっている事です。また、私は同時に千葉県の東庄町にある東庄病院という所でもAKA-博田法を行っていました。そこでは、比較的早期で軽症の患者さんが多かったのですが、ほとんどの患者さんはAKA-博田法にすぐに反応し、非常に治りがよかった事を覚えております。この事から早期に治療する事の重要さにあらためて気づかされました。できるだけ早期にAKA-博田法を受けてみる事が非常に重要であると私は思っております。

勿論、すべての病気がAKA-博田法で治療できるわけではありませんので、当院では一般的な整形外科の治療とAKA-博田法の両方を上手に組み合わせて治療を行います。

膝、腰、股関節の痛み、肩こり、手足のしびれ等整形外科的な症状でお困りの方はご気軽にご相談下さい。

【のぞみ整形外科・内科クリニックの整形外科診療】
のぞみ整形外科内科クリニック診療について
診療科目 整形外科・内科
住所 〒270-0163
千葉県流山市南流山1-18-13
電話 04-7159-8899

東京都豊島区望クリニック
職員募集

Copyright(c)   のぞみ整形外科・内科クリニック All rights reserved. produced by FARO