千葉県流山市 南流山駅徒歩3分 整形外科・内科・リハビリ科、のぞみ整形外科・内科クリニックです

HOME サイトマップ 交通案内
のぞみ整形外科・内科クリニック
HOME 院長挨拶 整形外科 内科・総合診療科 リハビリ科 AKA-博田法 受診のご案内 院内設備

胃腸炎

胃腸炎とは

胃腸炎とは、ウイルスや細菌などが胃や腸に感染することで発症します。
おなかの風邪、嘔吐、下痢症、感染性胃腸炎、腸感冒とも呼ばれます。

胃腸炎の原因

食品など原因が明らかな場合と原因がはっきりしないことがあります。
ウイルス胃腸炎の場合は、冬に流行しやすいノロウイルス、ロタウイルス、アデノウイルスなどがあります。
細菌性胃腸炎の場合は、サルモレラ菌やカンピロバクターなどがあります。

胃腸炎の症状

胃の痛み、胃のもたれ、おなかの痛み、おなかの膨満感、下痢、吐き気、嘔吐、気持ち悪さ、頭痛、発熱、倦怠感、関節痛などがみられます。
下痢がひどい場合、内容物がほとんどでないで水分しか出ない水様便になることもあります

胃腸炎の検査と診断

胃腸炎の症状がひどい場合は、採血をおこない、白血球やCRPなどの炎症の値を測定することもあります

胃腸炎の治療

胃腸炎の治療法は腸内細菌を整える整腸剤や腸の動きをゆるやかにする飲み薬を使用します。
下痢がひどいときは、下痢止め作用のある薬を一時的に使用することもありますが、下痢を止めすぎるのもよくないので、下痢止めの使用は注意が必要です。
腹痛がひどいときは、消化管の痛みを抑える薬を一時的に使用することもあります。細菌が胃腸炎の原因と疑われる場合は、抗生物質を使用することがあります
整腸剤
ミヤBM、ビオフェルミン、ビオフェルミンRなどの整腸剤を使用することにより、腸内細菌の乱れを調節します。
下痢止め
下痢がひどいときは、フェロベリン、タンナルビンなどを使用することがあります。
抗生物質
細菌感染が疑われる場合は、クラビットの様な抗生物質を使用することがあります

胃腸炎の注意点

脱水にならない程度に水分をこまめにとってください。
胃腸は弱っているので、食欲がないときは無理に食べない方がよいでしょう。
食事をとる場合は、ポカリスエットやオーエスワンなどの飲み物や、消化の良い食べ物(おかゆなど)を食べるとよいです。
食べすぎは胃腸を刺激し、下痢や腹痛をひどくすることもあるため控えましょう







診療科目 整形外科・内科
住所 〒270-0163
千葉県流山市南流山1-18-13
電話 04-7159-8899

東京都豊島区望クリニック
職員募集

Copyright(c)   のぞみ整形外科・内科クリニック All rights reserved. produced by FARO