千葉県流山市 南流山駅徒歩3分 整形外科・内科・リハビリ科、のぞみ整形外科・内科クリニックです

HOME サイトマップ 交通案内
のぞみ整形外科・内科クリニック
HOME 院長挨拶 整形外科 内科・総合診療科 リハビリ科 AKA-博田法 受診のご案内 院内設備

インフルエンザ

インフルエンザとは

インフルエンザとは、気道の粘膜などにインフルエンザウイルスが感染する病気です。
主な症状は、高熱(38~40度)、関節痛、筋肉痛があり、感染力が強く潜伏期間が短いことも特徴です。
毎年、流行期の12月下旬から3月中旬くらいまで、インフルエンザが流行し、多くの人を苦しめています。
インフルエンザは通常のかぜと比較して、症状が重く、治るまでに時間がかかります。
子供と高齢者が特にかかりやすい病気ですが、高齢者がかかると肺炎を合併したり、持病を悪化させたりして、重体となり、最悪の場合、死に至ることもあります。

インフルエンザの原因

インフルエンザの原因になるインフルエンザウイルスはA・B・C型があり、その中で問題となるのはA型とB型です。
特にA/H3N2(香港)型ウイルス、A/H1N1(ソ連)型ウイルスと、B型ウイルスの3種類が流行することが多いです。
くしゃみや咳で、空気中にウイルスがただよい感染します。

インフルエンザの症状

インフルエンザウイルスに感染した、1~3日間くらいの潜伏期間を経て、突然38~40度前後の高熱が出て発病します。
それとともに、悪寒、頭痛、筋肉痛、咳、痰、食欲不振、関節痛、全身倦怠感、鼻水、のどの痛み、腰の痛み、胸の痛みなどの症状が現れます。
下痢やおなかの痛みなどの消化器症状がでることもあります。

インフルエンザの検査

インフルエンザが流行する冬季には、インフルエンザ以外の感染症も流行します。
そのため、診断を下すためにはインフルエンザウイルスに感染しているかどうかの検査を行ないます。現在では15分程度で結果が出る迅速診断キットが検査に使用されます。
鼻腔ぬぐい液(鼻の奥に綿棒を挿入し、数回こするようにして粘膜表皮を採取します)または咽頭ぬぐい液(のどの奥に綿棒を挿入し、数回こするようにして粘膜表皮を採取します)を検査の材料として使います。
検査で陽性と出た場合には、ほぼインフルエンザと断定して間違いはありませんが、陰性と出た場合にはインフルエンザであることもインフルエンザでないこともありえます。
鼻腔ぬぐい液:約80~85%前後、咽頭ぬぐい液で約60~80%前後の陽性率です。
特に発病後1日以内は感度が低いため、インフルエンザに罹っているにもかかわらず、検査では陰性となる可能性があります。

インフルエンザの診断

診断は診断キットで陽性と出た場合はインフルエンザと診断されます。
しかし、陰性と出た場合でも症状が典型的であれば、総合的に判断し、インフルエンザの薬を内服することもあります。

インフルエンザの合併症

インフルエンザの合併症としては、高齢者がかかりやすい肺炎や乳幼児がごくまれに併発する脳炎があります。
その中でも肺炎は高齢者に起こることが多く、死亡の原因となることもあるため、特に注意が必要です。
これらの合併症を併発しないための対応策としては、インフルエンザが流行する前に予防接種を受けることです。
そうすれば、インフルエンザにかかったとしても症状が軽くすみます。
また、一部の解熱剤ではライ症候群や脳炎などを引き起こすことがありますので、熱が高いからという理由で、市販の解熱剤を自己判断で服用するのは注意が必要です。

インフルエンザの治療

治療は薬物療法が中心となります。
インフルエンザウイルスの増殖を抑えるタミフルまたはリレンザを使用します。
タミフルとリレンザはA型、B型の両方に有効性があります。
タミフルは飲み薬、リレンザは吸入する薬で、両方とも48時間以内に服用しなければ効果がありません。
発病48時間以内に服用すれば、ウイルスの増殖を抑え、効果があります。
迅速診断法で陽性であれば、どちらかの薬剤を使用します。
抗ウイルス薬はインフルエンザ感染に最も有効な治療薬です。
インフルエンザはウイルスですから、抗生物質は無効です。また、早めに治療することは、自分の身体を守るためだけでなく、周りの人にインフルエンザをうつさないという意味でも重要なことです。
発熱、頭痛、関節痛、筋肉痛などには解熱鎮痛剤(カロナール)、鼻水、くしゃみには抗ヒスタミン剤(PL顆粒)、咳には咳止め(アスベリン、メジコン)、痰に去痰剤(ムコダイン)を内服します。
また、小児の場合は解熱鎮痛剤(ボルタレンなど)を使用するとまれに、ライ症候群という合併症を併発することもありますので、必ず医師の指示のもとに服用するようにしてください。

インフルエンザの予後

通常は2、3日でピークを迎えて、1週間くらいで治ります。
炎症が強い場合は咳だけ残ったり、のどの違和感が続いたりすることもあります。

インフルエンザの注意点

できるだけ安静にし、十分な睡眠と栄養を取り体力をつけることが必要です。
インフルエンザウイルスの空気中での活動を抑えるために、室内の湿度を60~70%に保つように心がけてください。
また、水分を十分に補ってあげることで脱水症状を予防しましょう。
インフルエンザウイルスは熱が下がって、症状が改善しても、体の中に残っているため、周りの人にうつしてしまう可能性はあります。
流行を最小限に抑えるためにも、熱が下がった後も家でゆっくり休むことが大切です。
目安としては熱が下がってからも2日間は人と接触せず、家でゆっくりするとよいでしょう。

インフルエンザの予防接種

インフルエンザの予防接種を受ければ、絶対にインフルエンザにかからないということではありませんが、予防接種するとインフルエンザにかかりにくくなります。
インフルエンザにかかっても、ワクチン接種しなかった人と比べて、重くならずにすみ、治りが早くなります。
実際成人の場合は、インフルエンザの発病阻止率は70%~90%前後といわれています。
なおインフルエンザや肺炎による入院患者数が30~60%減り、死亡者数が50~70%減ったという報告もあり、合併症にも有効です。

診療科目 整形外科・内科
住所 〒270-0163
千葉県流山市南流山1-18-13
電話 04-7159-8899

東京都豊島区望クリニック
職員募集

Copyright(c)   のぞみ整形外科・内科クリニック All rights reserved. produced by FARO