千葉県流山市 南流山駅徒歩3分 整形外科・内科・リハビリ科、のぞみ整形外科・内科クリニックです

HOME サイトマップ 交通案内
のぞみ整形外科・内科クリニック
HOME 院長挨拶 整形外科 内科・総合診療科 リハビリ科 AKA-博田法 受診のご案内 院内設備

しつこい咳

通常のかぜならば2週間もあれば治りますが、咳がなかなかとれない場合でも「かぜが長引いているのだろう」と放っておく人が多くいます。
しかし、咳が出る原因となる病気は「かぜ」以外にもたくさんあり、咳が2週間以上続くときは、かぜとは違う病気にかかっている可能性があります。
たかが咳とあなどらないで、医療機関を受診しましょう。
長引く咳から考えられる病気と、の特徴を紹介します。

咳ぜんそく

咳が長引く場合、最も多くみられるのが咳ぜんそくです。
とくにかぜをひいた後に咳だけ残っている場合は咳ぜんそくであることが多く、男性より女性、とくに20~30歳代の女性に多くみられます。
アレルギー性の病気なので、かぜ薬を飲んでも効きません。

【咳ぜんそくの主な特徴】
▼季節の変わり目に多く、かぜをひいた後に咳が長引く。
▼かぜ薬や咳止めの薬を飲んでも咳が止まらない。
▼のどがイガイガする、くすぐったい、たんがへばりついたような感じがするなど、のどに違和感があり、咳がこみあげてくる。
▼咳は布団に入った直後や早朝に出やすい。
▼エアコンの風、会話(電話)、タバコの煙、香水、雨天などがきっかけで咳が出やすい。
▼ひどいときは咳が止まらず会話が困難になることもある。
▼症状は咳だけで、気管支ぜんそくのようなゼイゼイ、ヒューヒューという音や呼吸困難はない。
▼ステロイド吸入薬や気管支拡張薬が有効である。

慢性閉塞性肺疾患(COPD)

喫煙者のせきが長引くときはCOPDの疑いがあります。
慢性閉塞性肺疾患(COPD)は、長年喫煙することで肺胞が破壊され、肺への空気の出入りが不十分になる病気です。
代表的な症状は咳やたんが多い、階段や坂道を上るとき息切れがするなどで、徐々に進行していきます。
肺胞はいったん破壊されると元に戻らないため、早く発見して進行を止めることが大切です。
喫煙歴があって1日に何度も咳やたんが出るという人は、検査を受けることをおすすめします。
COPDは、喫煙をやめることが治療の第一歩となります。

結核

結核は過去の病気ではありません。
近年高齢者や若者を中心に、結核を発症する人が増えてきています。
高齢者に増えているのは、体の中に持っている結核菌が、体力や免疫力の低下によって活発になるためです。
一方若い世代は、結核菌に未感染の人が多いため、感染・発病の危険性が高いといわれています
結核は、咳やくしゃみで飛び散った結核菌を吸い込むことによって感染し、主に肺に炎症を起こします。
初期症状は、咳やたんが出る、微熱がある、体がだるいなど、かぜとよく似ています。
症状が現れてもまさか結核とは思わずに受診が遅れ、重症化し集団感染を起こす場合もあります。
抵抗力のない乳幼児がかかると重症化しやすいので、気づかずうつしてしまうと大変です。
咳やたんが2週間以上続くときは必ず医療機関を受診しましょう。
早期に発見できれば治療期間も短くてすみ、人にうつすのを防ぐこともできます。
ほかにも、感染症なら百日ぜきやマイコプラズマなど、かつて子どもの病気と考えられていた病気に大人が感染することが増えています。
また、たんに血液が混じる場合、結核以外に、肺がんなども疑われます。

しつこい咳の診断

診断には次のようなことが参考になります。どんなときにどんな咳が出るのかよくチェックしておいて、診察時にしっかり伝えましょう。
・咳は空咳か、たんが混じるか
・たんの色やねばり具合
・発熱や胸の痛みはあるか
・ゼイゼイ・ヒューヒューという音はあるか
・咳が出る時間帯や季節
・持病など

診療科目 整形外科・内科
住所 〒270-0163
千葉県流山市南流山1-18-13
電話 04-7159-8899

東京都豊島区望クリニック
職員募集

Copyright(c)   のぞみ整形外科・内科クリニック All rights reserved. produced by FARO