橈骨遠位端骨折 流山市の整形外科・内科・リハビリ科、のぞみ整形外科・内科クリニックです

04-7159-8899

〒270-0163 千葉県流山市南流山1-18-13

橈骨遠位端骨折

  • TOP
  • 橈骨遠位端骨折

橈骨遠位端骨折

高齢者が転倒して手をついた時に起こる手首の骨折です。頻度の高い骨折で「コーレス骨折」とも呼ばれます。

橈骨遠位端骨折

肘と手首の間には2本の骨があり、親指側の太いほうの骨(とう骨)の手首に近い部分の骨折で、細いほうの骨(尺骨)の一部も骨折を伴うことがあります。

治療方法としては、この骨折の多くは外来で治療します。4~5週間固定すると骨はつきます。 もし骨折部の変形が強ければ、手を引っ張って変形を矯正します。

骨折部のずれが大きくて徒手矯正しても、元にもどらなかったり、もどっても不安定だったりする場合には、手術をして骨折部を固定します。

のぞみ整形外科・
内科クリニック概要

理事長 住田憲祐医師(AKA-博田法指導医)
標榜科目 整形外科、リハビリ科、内科、訪問リハビリ
住所 千葉県流山市南流山1-18-13
電話 04-7159-8899
アクセス つくばエクスプレス、JR武蔵野線、南流山駅徒歩3分

診療時間

受付時間 日祝
9:30 ~12:00
14:30 ~19:00
外来休診日
火曜日、土曜日午後、日曜・祝祭日
平日初診受け付けは18:30までになります。
注:土曜日午後は14:30~17:00(初診受付16:30)